スマホゲーム

やばたにえんって面白い?難しいの?基本情報まとめ

「やばたにえん」って皆さんは聞いたことがありますか?筆者は、最初JKの流行ワードかな、なんて思っていたのですが、スマホゲームのタイトルで「やばたにえん」が存在します。このゲームは、少女8人を救出していくという、本格的な謎解き脱出ゲームです。対象年齢は12歳以上となっています。

この記事では、やばたにえんの基本情報やプレイ方法についてまとめていきます!




概要

f:id:nksz:20190216110834j:plain

やばたにえんは、2019年2月5日リリースのスマホ向けアプリになります。最初に注意として書いておくのですが、このゲームは残酷描写や流血表現が強いですしたがって可愛いグラフィックに騙されてはいけません(笑)

やばたにえんは、少女を救えない無力感と立ち向かうドット絵の残酷アドベンチャーです。ある屋敷に監禁されている8人の少女たちは残酷な罠に囚われ、プレイヤーであるあなたの助けを求めて待っています。プレイヤーは屋敷のどこかに囚われている女の子を見つけて、全員救出させることを目指します。

トラップには様々なものがありますが、巨大なギロチン、ゾンビや逆さ吊りなど、容赦ない残酷な描写が特徴で、プレイヤーが行動ミスをすると容赦なくかわいい女の子たちが殺されてしまいます。

脱出ゲームとしての完成度は非常に高く、プレイヤーの行動によってエンディングは5種類に分岐していきます。そのどれもが衝撃的なものとなります。

なぜ、そんな状況になってしまったのか!?
悲劇の真相を暴いていきましょう!

ゲームの流れ

1、基本の進め方

やばたにえんでは、屋敷内を自由に徘徊しながら囚われている女の子を見つけて、トラップの謎を解いて無事救出させていくというものになります。
そして本作の特徴として上げられるのが“STEP”という時間の概念です。これはマップ移動やアクションごとにカウントされるもので、その数が増すたびに氷が溶けたりトラップが接近したりするなど、周囲の環境に何かしらの変化が発生していきます。

「やばたにえん ゲーム」の画像検索結果"

画面上部に並ぶ女の子のアイコンは、囚われている8人を示しています。
救助できなかった場合は、無残にもバツ印で消去されていきます。

つまり、迷ってばかりで謎が解けずにいると、そのあいだに少女らを囚える罠が動き出し、最悪の場合は見殺しにしてしまうというわけです。

やばたにえんにはセーブ機能がないので、タイトルに戻ると最初からやり直しになります。

ただ最初から全エリアが開放されています。まずは最低限の移動回数で全エリアを調査するところから初めていきましょう。

 

2、アイテム

やばたにえんでは、アイテムの使用方法もクリアへの重要な要素のひとつとなっています。

1つのアイテムには数通りの使用方法があります。使い方次第で人質の救出人数が変わり、エンディングまで変化するというシステムとなっています。

また、1度に所持できるアイテムは4個までとなっており、やみくもに落ちているアイテムを拾うと“STEP”がかさむためミスに繋がります。使用方法を考えながら必要なアイテムのみを所持するようにしましょう。
基本的に、アイテムを取得すると捨てることができないので、アイテムの場所だけ覚えておいて使用するポイントを見つけてから回収に来るのも1つの手となります。

屋敷内に落ちているプレゼントボックスタップすると、広告が流れた後にヒントやゲーム説明を見ることができます。

3、エンディング

「やばたにえん ゲーム エンディング」の画像検索結果"

『やばたにえん』は、屋上に上がってヘリに乗り込んだ時点脱出成功となります。

エンディングはマルチエンディング方式となっており、脱出した時点で救出できている人数によってA~Eまでのエンディングが存在し、全てのアイテムを使い切り人質全員を救出することができるとエンディングAに辿り着きます。

プレイヤーの行動次第で5種類の結末が用意されているので、繰り返しプレイして楽しめるのも嬉しいポイントですね。

5種類のエンディングは想定外の展開が多く、いずれも引き付けるものばかりです。とくに、“侵略者”というエンディングには必ずたどり着き、エンドロールを最後まで見届けてもらいたいです。

閉ざされた墓にどんな秘密があるのか。複雑に入り組む謎に隠された真相に誰もが驚かされるでしょう!



余談

余談ですが「やばたにえん」という言葉についてですが、これはギャルの流行語として使われるようになった言葉です。

元ネタは『ギャル語流行語大賞2016』の「やばたにえん」。
これは、感情を表す言葉「やばい」に食品メーカー「永谷園」を組み合わせたものとされています。

また、「つらい」の言葉が変化した「つらたん」が「やばい」にも派生して「やばたん」になり、そこから転じてひびきの良さから「やばたにえん」になったとも言われています。

ギャルってある意味、頭がやわらかいのかもしれないですね。笑

まとめ

ここまで、スマホゲーム「やばたにえん」の基本的な情報についてまとめてきました。

ドット絵のシンプルなゲームと思わせながら実際は難易度がとても高いゲームで、一発で納得のエンディングまでいくのは非常に難しいものとなっています。

そんなやばたにえん攻略のコツは、色々試してみること。これに尽きます。アイテムを使うとどうなるのか、オブジェを動かすとどうなるのか。ひとつずつやりながら覚えていくしかありません。

使い道の分からないアイテムは、とりあえずすべての場所で使ってみることも大切。何度もやっているうちに、自然と攻略方法がわかってきます。

やばたにえんという名にたがわず、ゲームの残酷要素は非常にやばいものとなっていますが、思わずプレイせずにはいられないゲームとなっています。