スマホゲーム

ポケモンGOって面白い?大人もハマるその理由は?

皆さんはポケモンGOはプレイされていますか?

2016年の配信以降、現実世界を舞台としてプレイするゲームとして爆発的なヒットを記録したポケモンGO。2019年現在では、リリース年と比べると少し落ち着いてきたものの根強いファンが全国に存在しています。

この記事ではポケモンGOの基本の「き」をまとめていきます。

1、概要

ポケモンGOは、ナイアンティックと株式会社ポケモンによって共同開発されたスマートフォン向け位置情報ゲームアプリです。AndroidとiOSに対応しています。

リリースは2016年です。アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで最初に配信されると爆発的な広がりを見せ、アメリカではなんと配信1日で、ダウンロード数・売り上げランキングで1位になりました。それだけではなく、アクティブユーザー数(どれだけの人が定期的にログインしているか)でもTwitterを抜き去り、モバイルゲームでは全米トップクラスという記録を出しました。

サービス開始当初は、『ポケットモンスター 赤・緑』の舞台であるカントー地方のポケモンのみでしたが、現在は、『ポケットモンスター 金・銀』と、『ポケットモンスター ルビー / サファイア』で登場したジョウト地方、ホウエン地方のポケモンが追加されています。

2、ゲームの進め方

ここからは基本的なゲームの進め方についてまとめていきます。

1.最初のポケモンを選ぶ

「ポケモンgo 最初の3匹」の画像検索結果"

最初のチュートリアルでは、フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメから1匹を選択します。好きなポケモンを選びましょう。
これはゲームボーイ版の一番最初と同じような感じですね。

2.ポケモンを捕まえる

次に、いろいろな場所を歩き、ポケモンを探しましょう。ゲームの仕様上、外に出ていかないとポケモンをゲットしたり、レベルを上げたりするのが難しくなっています。
ポケモンが自分の近くに現れたら、スマートフォンが振動して知らせてくれます。マップ上に現れたポケモンをタップすると、ポケモンと遭遇します。

「ポケモンgo 捕まえる」の画像検索結果"

捕獲画面の下ににあるモンスターボールをタップし、タップしたまま上に指をスライドさせるとモンスターボールが飛んでいきます。ポケモンにボールが当たると捕まえることができます。
ポケモンは、一度入ったボールから出たり、逃げてしまったりする場合もあるので、動きをよく見て、ボールを投げましょう。

ポケモンを捕まえる時に使うモンスターボールなどの道具は、ポケストップという場所で入手することができます。

「ポケモンgo ポケストップ」の画像検索結果"

写真のような青い印がポケストップです。ポケストップは世界中、あらゆる場所に設定されています。タップすることで 経験値や道具、タマゴなどを入手することができます。アイテムを取得したポケストップでも5分経過すると、再度アイテムが回収できるようになります。

また、捕まえたポケモンは「ポケモンずかん」に登録されていきます。ポケモンマスターをめざしてたくさん捕まえていきましょう♪

3.トレーナーレベルを上げる

トレーナーには、トレーナーレベルというものがあります。これを上げると、野生で出現するポケモンのレベルが上がったり、スーパーボールやハイパーボールなどの新しい道具をゲットすることができるようになります。レベルの高いポケモンを捕まえやすくなり、育成の手間が省けるので、まずはこのトレーナーレベルを上げていきましょう。

4.バトル

次にポケモンGOでのバトルについてです。バトルには、ジムバトル、レイドバトル、トレーナーバトルと大きく3つあります。1つずつ見ていきましょう。

「ポケモンgo バトル」の画像検索結果"

・ジムバトル

ポケモンGOでは、トレーナーたちは「チームヴァーラー(赤色)」「チームインスティンクト(黄色)」「チームミスティック(青色)」 の、3つのチームに分かれてバトルを繰り広げ、「ジム」を取り合っています。トレーナーレベルが5以上になると、いずれかの陣営を選べるようになります。

別チームのポケモンが配置されているジムには、「ジムバトル」を挑むことができます。ジムに配置されているポケモンを倒すと、相手のポケモンの「やる気」が減っていきます。「やる気」が低下している状態でバトルに負け、「やる気」がゼロになると、そのポケモンはジムからいなくなります。

ジムからすべてのポケモンがいなくなると、そのジムは無所属のジムになり、自分のチームのものにすることができます。複数のトレーナーが同時にバトルを挑むことができるので、強力なポケモンが配置されているジムには、周囲のトレーナーたちと協力して挑みましょう。

・レイドバトル

レイドバトルは、他のトレーナーと一緒に「ボスポケモン」と呼ばれる強力なポケモンと戦う、協力プレイです。レイドバトルに参加するには、「レイドパス」が必要です。「レイドパス」は、1日1回、ジムを訪れると手に入り、どのレイドバトルでも使うことができます。

ボスポケモンはとても強いので、相性が有利なポケモンを使って戦ってみましょう。制限時間内に倒すと、ボスポケモンを捕まえるチャンスです。勝利することで手に入る、「プレミアボール」を使って、捕まえましょう。プレミアボールのほかにも、きんのズリのみや、わざマシンといった特別な道具が手に入ることもあります。

・トレーナーバトル

トレーナーバトルは、フレンドや他のトレーナーと対戦を行うことができる機能です。「対戦コード」を使って他のトレーナーに対戦を申し込み、鍛え上げたポケモンを3匹選んで、バトルをしましょう。

トレーナーバトルが終わると、それぞれのトレーナーはリワードを獲得することができます。運が良ければ、貴重な道具が手に入るかもしれません!

3、ポケモンGOのメリット

次にポケモンGOのゲームをすることによるメリットを紹介していきます。

1.運動不足の解消、健康増進

通常、ゲームといえば屋内でするものだったので、どうしても運動不足になったり引きこもったりしがちでした。しかしポケモンGOでは外に出てポケモンを捕まえる必要があるので、自然と歩く距離が増え、運動不足の解消にも一役買っているといわれています。

2.地域活性化

外に出てプレイするゲームなので、例えば実際のお店や商店街などでのイベントという形で地域活性化に貢献していますね。実際に、アメリカでは飲食店がポケモンGOを利用した集客をした所、客が増えたとの報告が上がっていたり、ニューヨークのピザ屋では週末に売上が75%アップしたとの報告が上がっています。もちろん日本でも地域活性化のイベントは小規模なものから大規模なものまで色々な種類のものが行われています。レアポケモンが出現する場所に、スマホを持った人だかりが見られるのも、よくある光景となってきましたね。

3.うつ病などの改善効果

1とも関連してきますが、ポケモンGOのゲームの特徴として、レベルを上げたりポケモンを捕まえるためには、半強制的にでも外出して歩き続けなければならないため、体を動かす相乗効果として、うつ病などの精神疾患の改善が指摘されています。実際に、うつ・不安障害のある女性が家から出られるようになったり、不安障害やうつのある男性がほとんどの時間を家の外で友だちと過ごすことができるようになり、ポケモンGOがきっかけでうつ病などが改善しはじめていると報告されています。

まとめ

ここまでポケモンGOの基本的な情報についてまとめてきました。

リリースから3年が経ち、今のポケモンGOは、どんどん進化していっています。この他にも、毎日のプレイを楽しく、楽にしてくれる「デイリーボーナス」や、与えられたミッションをこなしてアイテムやポケモンをゲットできる「リサーチ」など、日々のプレイを楽しく、楽にする様々なアップデートがあるのです。また、ポケモンの種類もアップデートのたびに増えており、昔からのファンにとっても面白い内容に進化しています。

拡大しているその反面、自動車の運転中にポケモンGOを操作していたというドライバーが検挙されたほか、一部ではポケモンGOを歩きながらプレイしたことによるトラブルも起こっています。マナーを守って正しく遊べば、すごく面白いアプリですし、課金の必要性も薄いので、子どもでも安心して楽しめるでしょう。歩きスマホや運転中のスマートフォン操作はしないなど、最低限のマナーは守って、楽しく・安全に遊んでほしいですね。

ポケモンGOをインストールすれば、世界各地で、ポケモンたちがあなたを待っています♪