自然

習志野隕石 53番目の登録なるか!?

今月2日未明に関東上空で観測された「火球」。

SNS上で、「大きな音がした」「激しい光が見えた」などの投稿が相次ぎ話題になっていました。国立科学博物館は、13日に、その正体とみられる隕石(いんせき)の破片2個が、千葉県習志野市で見つかったことを発表しました。

国立科学博物館によると、火球が目撃されたのと同じ頃、習志野市の女性がマンション2階の自宅で「ガーン」という大きな音を聞いたとのこと。朝になり、女性が石の破片を発見。4日にも、共用廊下の下にある中庭で二つ目の破片を見つけ、科学博物館が調べていました。

元々は直径数センチの大きさだったとみられますが、どうやら2つに割れたようです。破片の重さは63グラムと70グラム。いずれも放射性物質のマンガン52などが検出されたことから隕石と確認されました。そもそも隕石とは、惑星間空間に存在する固体物質が地球あるいは惑星表面に落下してきた際、大気を通過中に高熱で気化せずに残ったもののことをいいます。

隕石の落下は2018年、愛知県小牧市の民家に落ちた「小牧隕石」以来のことだそうです。同博物館は「習志野隕石」と命名し、国際隕石学会に登録申請する予定です。習志野隕石が登録されれば国内53番目となります。ちなみに世界最大の隕石は66トンと言われています。強烈な重さですね!!

この小さいかけらでも強い光や音を放つので、隕石のパワーって計り知れない物があるなあと思いました。
以上、7月2日に確認された火球は隕石として発見されたニュースについてまとめました。