スポーツ

箱根駅伝2020 感想と結果まとめ

毎年1月2、3日に行われる箱根駅伝。今年が100周年ということもあり、盛り上がりを見せました。

お正月の風物詩となっていますね。毎年ドラマが生まれますが今年はどうだったのでしょうか?

まとめていきたいと思います!




前評判

前年優勝の東海大学と、連続優勝を4で止められた青山学院大学の一騎討ちか、と言われていました。直前の特集TVでもこの2校に焦点が当たったインタビューがほとんどでしたね。監督の合同記者会見でもこの2校にスポットライトが当たってました。他には東洋大学なども有力候補として紹介されていました。ダークホースとしては、東京国際大学、國學院大学あたりの名前が出ていましたね。今年は本当に「戦国駅伝」との前評判でした。

実際の結果

2020年の箱根駅伝の総合順位は以下のようになりました。

総合
順位大学
 

総合記録

往路
総合往路記録
復路
総合復路記録
1

青山学院大学

 

10時間45分23秒

1

5時間21分16秒

2

5時間24分07秒

2

東海大学

 

10時間48分25秒

4

5時間24分38秒

1

5時間23分47秒

3

國學院大學

 

10時間54分20秒

2

5時間22分49秒

10

5時間31分31秒

4

帝京大学

 

10時間54分23秒

6

5時間27分15秒

3

5時間27分08秒

5

東京国際大学

 

10時間54分27秒

3

5時間24分33秒

6

5時間29分54秒

6

明治大学

 

10時間54分46秒

5

5時間27分11秒

4

5時間27分35秒

7

早稲田大学

 

10時間57分43秒

9

5時間28分48秒

5

5時間28分55秒

8

駒澤大学

 

10時間57分44秒

8

5時間27分41秒

8

5時間30分03秒

9

創価大学

 

10時間58分17秒

7

5時間27分34秒

9

5時間30分43秒

10

東洋大学

 

10時間59分11秒

11

5時間29分15秒

7

5時間29分56秒

11

中央学院大学

 

11時間01分10秒

12

5時間29分17秒

11

5時間31分53秒

12

中央大学

 

11時間03分39秒

13

5時間31分40秒

12

5時間31分59秒

13

拓殖大学

 

11時間04分28秒

10

5時間29分08秒

17

5時間35分20秒

14

順天堂大学

 

11時間06分45秒

14

5時間31分52秒

15

5時間34分53秒

15

法政大学

 

11時間07分23秒

16

5時間33分00秒

14

5時間34分23秒

16

神奈川大学

 

11時間07分26秒

17

5時間34分11秒

13

5時間33分15秒

17

日本体育大学

 

11時間10分32秒

18

5時間34分35秒

18

5時間35分57秒

18

日本大学

 

11時間10分37秒

15

5時間32分53秒

19

5時間37分44秒

19

国士舘大学

 

11時間13分33秒

20

5時間38分37秒

16

5時間34分56秒

20

筑波大学

 

11時間16分13秒

19

5時間37分53秒

20

5時間38分20秒

参考

関東学生連合

 

11時間12分34秒

参考

5時間34分54秒

参考

5時間37分40秒

優勝は青山学院大学。大会記録を大幅に更新しての優勝でした。
10位の東洋大学までがシード校となり、来年2021年の箱根駅伝の本戦に出場が決定しました。




感想、まとめ

今年の箱根は、勢力図が大きく変化する結果となりました。

「やっぱり」青山学院大学が強かったですね。他大学も脱帽の圧倒的な結果でした。

新興勢力が上がってきているのも今回強く感じました。出雲駅伝で初優勝を飾った國學院大学が史上最高の総合3位。

初シードに、東京国際大学(5位)、創価大学(9位)が食い込んできましたね。

ただ、今回11位だった中央学院大学のタイムも、2017年の青山学院大学の優勝タイムよりも早い記録なのです。全体的なレベルアップが強く感じられました。

東京国際大学は4回目、創価大学は3回目の出場にして初のシード権の獲得を果たしました。

創価大学は9区から10区にタスキを繋いだ時は11位で、前を走る中央学院大学との差は「55秒」ありました。創価大学の10区ランナー嶋津選手は驚異の走りを見せ、区間新記録を叩き出し、最終順位を9位まで押し上げました。

嶋津選手は、遺伝性で進行性の難病「網膜色素変性症」を患い、生まれつき暗いところが見えづらいというハンデを持っています。明るい室内は「ちゃんと見える」とのことですが、薄暗いところでは反応も遅れるため、特に屋外の夜間練習などには制限があります。それでも若葉総合高(東京)時代は約70メートルの廊下を何十往復もするなど、自ら工夫した練習でトレーニングを重ねてきました。夜間照明など、練習環境の整った創価大学に入学し、素質が開花。そんな努力の人は、小説家の夢も持ち、最近は陸上を題材にしたライトノベルを書き上げたとのことです。

 ここで、嶋津雄大選手のコメントを紹介したいと思います。「病気の自分が走ってできるんだったら、同じ病気の人やそうでない人も、みんな一歩を踏み出せるんじゃないかなと思って」。白いフィニッシュテープを切った2年生アンカーは、間違いなく主人公になりました。

なお10区の区間記録は13年間更新されておらず、最も長い間記録が更新されていなかった区間になります。

ここまで2020年の箱根駅伝の前評判や結果についてまとめてきました。各大学の実力が拮抗していて、来年も素晴らしいレースになること間違いなしですね!

私も死力を尽くした全ての選手に勇気をもらいました♪この勢いのままに2020年も突っ走っていきたいと思います!!