自然

うろこ雲が出現 秋の空!季節の変化は早い

ここ数日、朝晩がいきなり涼しくなってきましたね。

今朝は西日本や東日本の各地でうろこ雲が広がり、

「秋らしい空だなぁ」と感じた方も多かったのではないでしょうか?

今日は、うろこ雲って何?

いつ出てくるの?

といったところについて書いていきますね。

うろこ雲とは

うろこ雲とは、

魚のうろこのように、小さな雲のかたまりが空一面に広がったものです。

空高い所に現れ、1つ1つが規則正しく並んでいるのが特徴です。

うろこの1つ1つがハッキリ見える時は

天気下り坂のサインとなることもあります。

 

以下を参照してみてください。

うろこ雲は、いわし雲なんて呼ばれ方もしますが、

気象学的には巻積雲(けんせきうん)の一種に分類されます。

秋を代表する雲で、上空の高いところに発生します。

いつ出る?

気象条件がそろえばいつでも見られるようですが、

秋が一番多いとされています。

その理由は、秋は空が澄んでいて、空が高く感じられる季節ですね。

他の季節だと、空気が濁っていることが多く、

高い位置の雲まで見ることができないということですね。

また、すじ雲・ナミナミ雲などが秋には現れやすいといわれています。

あっという間に冬がやってきそうですね~!

私は冬が苦手なので(笑)、今ぐらいの気候がしばらく

続いてほしいです!!